卒論講座

卒業論文の準備を始めた人、今作成しつつ悩んでいる人に向けて学生スタッフが企画しました。
大学院生の講師が経験をもとにお話しします。

  • 対象 : 名古屋大学の学部生
       ※ 名大IDとパスワードが必要です。
  • 講師 : 大学院生サポートスタッフ
  • 資料 : NUCT  ※ 検索ワード:卒論講座

内容:

  • 「テーマの決め方」

    これからテーマを考える人や、テーマを考えてみたけれどこれでいいのか迷っている人,いざ書き始めたら行き詰ってしまった人にもおすすめです。

  • 「計画の立て方」
     卒論を書くに当たってどんな準備が必要か,何に気をつけて計画を立てたらよいか解説します。
  • 「文献の読み方/探し方」
     大学図書館のサービスを使って資料を集め,論文の中で使う方法をお伝えします。
  • 「論文の書き方」  
     論文らしい文章の書き方や,正しく引用するために気をつけるべきことをお伝えします。
  • 「発表の仕方」  
     大学での発表で好まれるプレゼン構成の考え方や,口頭発表の際の注意事項を学びます。

※現在準備中のコンテンツもありますが、随時公開していきます。

カテゴリー: お知らせ, 最新イベント パーマリンク

学習相談/Learning Consultation/学习咨询 on Zoom

新型コロナウィルス感染症への対策で中央図書館のサポートデスクは休止していますので、学習相談の機会を設けました(予約制)。Zoomを使ってご自宅などから相談できますので、ぜひご利用ください。

Since the Support Desk in Central Library is closed due to the prevention of COVID-19, now we are reopening the service of Learning Consultation on ZOOM (reservation required).  Please enjoy it.

 

対象者 / Target:名古屋大学の学部生・大学院生 / All undergraduate and graduate students of Nagoya University

対応 / Consultor:大学院生サポートスタッフ / Student Support Staffs

実施期間 / Period: from 2020/07/09(Wed)  (Application start from 07/06)

相談できる内容 / Contents that can be consulted

・レポートの書き方 / Academic writing

・本や論文の探し方・調べ方 / Document retrieval

・語学学習  など / Language learning, etc.

※ 以下のようなご相談は受付できません / The following consultations will not be accepted

・医療相談・法律相談等 / Medical consultation, legal consultation, etc.

・課題の解答そのもの / Answer to the task or assignment itself.

・役所等へ提出する書類の書き方 / Documents to be submitted to the public office

・論文・レポートの添削 / Grammar check for papers and reports

・その他不適当と認められるご相談 / Other consultations that are deemed inappropriate

使用ソフトウェア / Software:Zoom

詳細 / More information:Learning commons homepage (日本語 / English)

お問合せ / contact:

附属図書館 情報サービス課 情報リテラシー係 / Information Literacy Section of Nagoya University Library

 e-mail : sanko[]nul.nagoya-u.ac.jp    *[]を@に変えてください / please change [] to @

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク

How to Write an Academic Report on NUCT

We provide the materials of “How to Write an Academic Report”, in which our support staff introduce the fundamental knowledge of academic writing and share the writing techniques to help students who need to write academic reports.
We hope the materials will be helpful.

  • For : All students of Nagoya University

    ※ NAGOYA UNIVERSITY ID and PASSWORD are required.

  • Instructor : Student support staff [ Med, M2 ]
  • The access to the materials : NUCT  ※ Search word:Academic Report
  • Language : English

 

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク

How to Make an Academic Presentation (Self-Teaching Materials)

We provide the materials for “How to make an academic presentation”, in which our support staffs will share basic skills in making academic presentations. We hope the materials will be helpful.

 

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク

各种讲座学术论文的查找方法 (自学资料)

“学术论文的查找方法”线上資料主要针对留学生,特别是对新入学留学生在查找外文文献中常见的问题进行解答。
你可以学习到如何查找学术论文以及如何更加有效利用网络资源(网络杂志和数据库等)。

 

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク

How to Search for Scholarly Articles (Self-Teaching Materials) (in English)

You can learn how to search for scholarly articles and use E-resources (including E-journals, databases) efficiently though the self-teaching materials.

The self-teaching materials can be downloaded on this page.

 

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク

[サポートスタッフ企画] 基セミスタート これだけ講座 NUCT版

「これだけ講座」は学部1年生を対象とした春の講習会です。
大学院生スタッフたちの経験に基づき、レポート課題やプレゼンに取り組む前に ぜひ知っておいてほしいこと を、ぎゅっと短時間でお伝えしています。


  • 対象:名古屋大学の新入生

    名古屋大学の学部生・大学院生・教職員はどなたでも参加いただけます
    ※ 名大IDとパスワードが必要です。

  • 講師:大学院生スタッフ
  • 資料:NUCT
       https://ct.nagoya-u.ac.jp/portal/site/7aece457-3a91-438a-84c0-7f54900ac810
  • 内容:
    «基本編»

     初めて取り組む大学の課題。何を作って提出すればいいのか、そもそも何をどう考えればいいのか。
    そんな不安を抱えたみなさんに、基本から解説します。

     ①ホントの基本 
      大学的なものの見方・考え方の枠組みを知り、学生に期待されていることを把握しましょう。
      先生に送るメールの書き方から課題レポートまで、表現の「ポイント」が学べます。
    «応用編»

     大学生活に必要な「書く」「読む」「話す・聞く」技術。
    実際の課題の形式や取り組むプロセスに当てはめて解説します。

     ②レポートの書き方 
      適切なレポートを作成するためのテーマ設定と構成の考え方、レポートの完成度を高める文章表現を学びます。
     ③資料の探し方・読み方 
      必要な資料を特定し入手する方法と、そこから得た情報を管理し利用する方法を学びます。
     ④プレゼンの話し方・聞き方 
      プレゼン構成の基本的な考え方やスライドの作り方、口頭発表の際の注意点を学びます。
     

  

カテゴリー: お知らせ, 最新イベント パーマリンク

自主学習『電子書籍で読もう』学外からの利用ガイド

図書館のWebサイトを経由すると,名大が機関契約している電子書籍を学内外から・自己負担なし(通信料のみ)で利用できます。今回は,学外から電子リソース利用する方法をご案内します。

#電子書籍活用法,#オンラインサービス

(日本語スタッフ)

大学図書館が「持っている」のは紙の本だけではありません。オンラインで読める資料として本や雑誌(論文),新聞などがあり,提供元との契約条件ごとに,様々な環境・方法で利用できます。条件の範囲内であれば,自己負担なしで(通信料のみの負担で)利用可能です。

 

本によっては限定された範囲内で印刷したり,データ保存したりできるものもあります。また,全文検索に対応している本の場合は,指定した単語(たとえば用語や人名)が使われている部分を,本文から網羅的に取り出すことができます。

 

学外からは名古屋大学附属図書館のTOPページ「学外からの電子リソース利用」を経由する必要があります。

一覧から希望するサービスを選び,名大IDとPWでログインしてから検索します。

 

電子書籍の見つけ方は2通りあります。

① (紙の本と同じように)名大OPACで検索する。

→検索結果一覧の中に電子書籍が含まれます。

  • OPACで目的の電子書籍名を検索して、「書誌検索結果一覧」から選択します。

書誌情報のページで「本文へのリンク」または「リンク(データベース名)」をクリックすると外部リンクから本文を見ることができます。

 

② データベースで検索する。

→提供元別リストから利用したいデータベースを選択して検索します。検索範囲が特定のデータベース内に限られます。

  • 【Maruzen eBook Libraryの場合】

「閲覧」を選択すると本文が読めます。

利用後は「閲覧終了」をしてください。

*学外からの場合はCASのログアウトも必要です。

 

  • 【eBooks on EBSCOhostの場合】

「PDF 全文」を選択すると本文が読めます。

利用後は「閲覧終了」をしてください。

*学外からの場合はCASのログアウトも必要です

 

✓ 学外からは「学外からの電子リソース利用」を経由する必要があります。一覧から希望するサービスを選び,名大IDとPWでログインしてから検索します。

学外からの電子リソース利用・スタートページ ⇒

https://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/ezproxy/index.html

 

✓ 附属図書館ラーニングコモンズWEBサイトでは院生スタッフがおすすめ電子書籍を紹介しています。

https://lc.nul.nagoya-u.ac.jp/

 

✓ サポートデスクTwitterでは自主学習支援の記事を掲載します。

#自主学習, #電子書籍活用法

@NagoyaUnivLibSD

https://twitter.com/NagoyaUnivLibSD

 

『電子書籍で読もう』学外からの利用ガイド パンフレット

カテゴリー: お知らせ, 最新イベント パーマリンク

自主学習『如何使用电子书籍』学外利用的使用方法

通过图书馆网站,在校外也可以免费阅读名古屋大学购买中的电子书籍(流量费需用户自行承担)这本小册子将向您展示如何在校外使用校内的电子资源。

#自主学習,#電子書籍活用法

(中文支援员:環境学 D3)

大学图书馆不仅有纸质书籍,而且还有可以在线阅读的书籍,杂志(文章),报纸等。并且根据与提供商的合同条款可以使用各种方法在多种条件下使用该资源。 只要满足相关条件,您就可以使用该服务而无需支付额外信费(除通讯费)。

本手册介绍了如何在校外使用终端(PC /平板电脑/智能手机)阅读名古屋大学图书馆的电子书籍(不包含论文和报纸搜索)。

在有限范或条件下,一些籍可以打印并且可以保存数据。 如果是支持全文搜索的书,则可以从文本中全面提取使用指定单词(例如,术语或人的名字)。

校外使用时必须通过「 学外からの電子リソース利用 」界面,从总览处选择希望使用的服务,使用名大ID和密码登录后进行搜索

通过名大图书馆网站来阅读电子书籍有两种方式,①在名大OPAC进行搜索②通过图书馆网站进入电子数据库进行搜索。

① 用OPAC搜索

→搜索结果界面会同时显示纸质和电子书籍信息,但无法独立显示电子书籍信息。因此,此方法虽然适用于搜索指定电子书籍的馆藏情况,但在进行关键词搜索时会有些许不便。但是,信息源不明确或无法确定合适的电子数据库时,仅能从OPAC进行查找。

  • 在OPAC输入目标书名进行搜索,「图书杂志搜索结果一览」中进行选择。
  • 点击图书杂志情报页面的「正文链接」或「链接(电子数据库名)」,跳转至相应网站进行阅读。
  • 用电子数据库搜索

→搜索结果界面可以选择仅表示电子书籍。需要查找的电子书籍信息明确时更推荐使用此方法进行搜索。但是,因无法同时在多个数据库中进行搜索,开始搜索前的数据库选择可能会比较困难。

  • 【Maruzen eBook Library的情况】

点击「閲覧」可以阅读正文

阅览后记得点击「閲覧終了」

*校外利用时需要登出CAS。

  • 【eBooks on EBSCOhost的情况】

点击「 PDF 全文」可以阅读正文

阅览后记得点击「閲覧終了」

*校外利用时需要登出CAS。

✓ 学外からの電子リソース利用・スタートページ ⇒

https://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/ezproxy/index.html

✓ 院生支援员在图书馆的学习共享网站上介绍推荐的电子书。

https://lc.nul.nagoya-u.ac.jp/

✓我们的Twitter将发布有关自学支持的文章。

#自主学習, #電子書籍活用法

@NagoyaUnivLibSD

https://twitter.com/NagoyaUnivLibSD

『如何使用电子书籍』学外利用的使用方法 小册子

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク

Self-study “How to use E-books” When you are outside campus

Via the library’s website, you can use e-books which Nagoya University has institutional contracts for, both inside and outside the campus, without any extra fees (except communication charges).  This brochure will show you how to use electronic resources when outside campus.

#self-study, #How2UseEBooks

[English staff:Med M2 ]

The university library does not only have collections of paper books but also electronic resources including books, magazines (articles), newspapers, etc which are accessible online, and they can be used in various environments and methods according to the contract with the provider. Materials can be used for free (except communication fee) within the range of conditions.

Some books can be printed and the data can be saved within a limited range of conditions. In the case of a book that supports full-text search, you can comprehensively extract a specified word (for example, a term or person’s name) from the text.

For using outside the campus, it is necessary to go through “electronic resources using from outside campus”. Select the desired search service from the list, log in with your Nagoya University ID and Password.

There are two ways to find an e-book.

① Search in Nagoya University OPAC (similar to finding a paper book).

 → E-books are listed in the search results.

  • Search for the targeting e-book’s name in OPAC and select it from the “Bibliography Search Result List”.
  • Search for the targeting e-book’s name in OPAC and select it from the “Bibliography Search Result List”.

② Search in the database.

 → Select a database from the list that stratified by provider then search. 

  Search scope is limited to a specific database.

  • “Maruzen eBook Library”

   Select the “Browse” button to read the text.

   After use, please click the “end browsing” button.

   * If you are outside campus, you must log out of CAS.

  • “eBooks on EBSCOhost”

   Select “PDF full text” to read the text.

   After using, please “end browsing”.

   * If you are outside campus, you must log out of CAS.

✓ Remote Access : Off Campus Web Services Start Page ⇒

  https://www.nul.nagoya-u.ac.jp/db/DBannai/ezproxy/index_e.html

  The graduate student staffs introduces recommended e-books on the   University Library Learning Commons website.

  https://lc.nul.nagoya-u.ac.jp/

✓ The support desk Twitter will post an article on self-study support.

  #self-study, #How2UseEBooks

  @NagoyaUnivLibSD

  https://twitter.com/NagoyaUnivLibSD

Self-study “How to use E-books” When you are outside campus Brochure

カテゴリー: Event, お知らせ, 最新イベント パーマリンク